国際特許取得済
使用中のバッテリーも
新品のような状態に復活!

「後付け」でバッテリーの寿命を約10年まで延命させる。それが、「バッテリーリフレッシャー™」

バッテリーリフレッシャー™の導入によって定期的なバッテリー診断・交換が不要となるため、大幅なコストダウンに繋がります。

適正なピーク値のパルス電流を適正な時間供給する唯一無二の技術

電極にダメージを与えないピーク値のパルス電流をナノ秒レベルで連続的に供給して硫酸鉛被膜を除去します。

バッテリーリフレッシャー™は画期的な技術で弱点を克服設備・施設の弱点は鉛蓄電池の寿命


  • 船舶


  • UPS(非常用電源)


  • 携帯電話基地局


  • 乗用車


  • 防災無線基地局


  • 大型バス


  • トラック


  • フォークリフト


  • ゴルフカート

鉛蓄電池の寿命はなぜ短くなるのか?

一般的に、5年以内に鉛蓄電池の交換・廃棄時期がやってきます。その原因は?

鉛蓄電池が劣化する原因は「サルフェーション」

  • サルフェーションとは、鉛蓄電池の負極電極に、 結晶化した硫酸鉛が付着すること。
  • サルフェーションが発生すると、 鉛蓄電池は内部抵抗が大きくなり、 充放電容量が低下してしまう (電池の持ちが悪くなる)。
  • サルフェーションが発生しやすい条件

  • 放電しすぎること
  • 充電不足の状態が続くと発生しやすくなる。

  • 充電しないで放置しておくこと
  • 鉛蓄電池の使用頻度が少ないと発生しやすくなる。

    このような鉛蓄電池の使用環境は珍しくありません。つまり、多くの鉛蓄電池は短寿命化しやすい使われ方をしている!

    鉛蓄電池を長寿命化するには

    鉛蓄電池の電極にパルス電流を供給することで硫酸鉛皮膜を取り除く

    硫酸鉛を取り除くには

  • 鉛蓄電池の電極に、パルス電流を供給する。
  • 負極電極に付着してしまった硫酸鉛被膜が除去される。
  • 低下していた鉛蓄電池の充放電能力が回復する。
  • これを後付けで実現するのがバッテリーリフレッシャー™

    他社製品比較バッテリーリフレッシャー™ VS 他社製品

    重要なのはパルス電流

    他社製品A

    ピーク値「大」・供給時間「少」
    過大なパワーによって電極にダメージを与えてしまう。

    バッテリーリフレッシャー™

    ピーク値「中」・供給時間「中」
    この最適なバランスがオンリーワン技術(特許)

    他社製品B

    ピーク値「小」・供給時間「長」
    パワーが小さく硫酸鉛皮膜があまり除去できない。

    パルスのピーク値が「大きい」と電極にダメージを与え「小さい」と硫酸鉛被膜を除去できません。パワーリフレッシャー™では、特許技術により、負極電極に負担をかけずに、効率よく硫酸鉛被膜を除去します。

    国際特許取得済
    使用中のバッテリーも
    新品のような状態に復活!